転職を考えるようになる年齢とは

高校や大学を卒業してから、現在まで転職をせずに勤めているという方は大勢います。

終身雇用制度とは

日本人の価値観では、仕事を途中で変えるようなことをせず、
同じ会社で働き続けることが、スタンダードなスタイルとされていました。
社員を一度雇用したら、定年まで解雇することはしないという終身雇用制度が、
多くの日本の会社では設けられています。

ただ近年、働き方の多様化によって、
終身雇用という考え方が時代に合わなくなってきている面もあります。
転職をして、仕事を変えるという可能性を考慮する人がふえてきた背景には、
仕事を変えることについて、肯定的な見方をする人がふえてきたことがあります。

転職が多い年代とは

特に30歳くらいの年齢になると転職を考える方が増えてきます。
今の日本社会では30歳前後で転職をする方が多いそうです。
30歳前後とは、まだまだ将来性もあり、伸びしろもある時期であると同時に、
今まで働いてきた経験や、実績をアピールしやすい年代です。

今まで、10年近く今の仕事をしてきていますので、
30歳前後になると十分な実績や、スキルを持っています。

それだけの期間、同じ仕事をしていれば、
ある程度の経験を積み多くのスキルは身につけることが出来ます。
そのため、より高い待遇の会社や、
さらなるスキルアップを考える人が多くなるのも、理解が出来ます。

年齢を重ねてからでは転職がやりづらくなるため、若いうちに転職をして、
この先の仕事をスムーズに続けられるように身辺整理をしたい人もいます。

転職をする場合は、若いほど有利になる傾向があるので、
30歳前後というのは会社を変える時期としては適している年齢なのでしょう。