給料安すぎと感じたら仕事に役立つ資格を考えてみる!

どのような資格が、仕事で役立つと言われているでしょう。

一口に資格といっても、民間の資格も入れれば3000以上あります。

仕事に役立つという言い方はありますが、今の仕事に役立つのか、副業に役立つのか、転職に有利な資格なのかなど、用途はいろいろです。

資格を取る時には、どういった目的で資格を取得したいのかを、第一に考える必要があります。

役立つ仕事についてネット上でアンケートをとったところ、上位に入ったのは日商簿記検定試験でした。

実際の事務の仕事に役立っただけでなく、転職に有利になった、未経験で事務の仕事につけたという体験談もあります。

仕事に役立つ資格としては、マイクロソフトオフィススペシャリスト、秘書検定、TOEICなどが知られています。

 

先の事を考えて、資格を取っておくと役立ちます

これから先、人手不足が予想される業種が介護です。

介護にかかわる資格を取得しておくことで、これから転職をする必要が生じたときに、資格を役立てることができます。

介護に関する資格としては、ケアマネージャー、医療事務、介護事務があります。

難易度は高いですが、収入アップにつながる仕事に役立つ資格には、行政書士、司法書士、社会保険労務士の資格などがあります。

一朝一夕でとれる資格ではありませんが、とることができれば仕事に役立つことでしょう。

給料安すぎる、年収低すぎると思ったら自分の市場価値から調査が参考になりました。