40代の転職について

40歳を越えてから就職活動を開始すると、
年齢が理由で断られることが多いようです。

40代での転職活動とは

20代、30代と熱心に仕事をしていて、
人に誇れる結果を出しているような人でも、
40歳を越えてからの就職活動は苦戦することが多いようです。

そもそも、年齢が理由で、書類選考すら通らないということが、
40歳の転職活動では珍しくなくなってしまいます。
20代、30代の気持ちで就職活動をしていると、
壁にぶつかってしまうことは言うまでもありません。

40代の就職活動では、よい求人を探して応募する
というスタイルは通用しにくくなっているのです。
40代で転職する場合には、書類選考を通過して面接まで至る確立は大変低く、
1割程度だとも言われています。

10社との面接を受けるためには、100社に応募し、
90社に断られる覚悟が必要です。
無事に書類選考を通り、面接を受けても、
数日後に不採用の通知をもらえばストレスや焦りにもなりますし、
失った時間も甚大です。
加えて、仕事をしていない期間が長くなればなるほど、
次の採用先が決まる可能性は低くなります。

転職活動を成功させるためには

どうしても40代になってから仕事を変える必要があるならば、
縁故採用を求めての働きかけをしたほうが、成功率が高いといいます。
周りの人とのつながりが、40年という歳月の間に何らかの形でできていれば、
仕事も探しやすくなっているでしょう。

縁故採用というとためらう人もいるようですが、
思い切って話に乗ってみるのも、
年齢相応の転職の仕方であるといえるでしょう。